【美波】特集:女心は音楽から学べ!!

【美波】特集:女心は音楽から学べ!!

「乙女心が分からない。。。」いつの時代も男性の悩みは同じもの。ふとした行動、言動が知らないうちに非モテ男子になっているかも??
女性の気持ちが分からず気になる女の子とどう接していいのか悩んでいませんか?

このコーナーでは今女性に受け入れられているアーティストを紹介し、その世界観や歌詞の中から女性が共感できるポイントをご紹介致します!

音楽の中に隠された本当の気持ちや、歌詞の世界に隠された欲求をメロデイーに乗せて学んでみては如何でしょうか?

美波

美波はYoutubeやツイキャスを中心に活動をしているシンガーソングライター。その他にもライブハウスでのライブなどの活動も行なっている大学生アーティストです。

中学の頃尾崎豊さんのライブ映像を見て影響を受けて、音楽に興味を持ち中学生のお金のない状況で楽器を購入することができなかったので、まず作詞をスタート。
高校に入りギターを購入し本格的に作曲を始める。大学に入り第2回フライングドッグオーディションで見事グランプリを受賞し2019年1月にメジャーデビュー。

等身大の歌詞の内容には同じ年代からの共感も多く、歌声、曲の世界観どれも独特の個性を放っています。


ライラック

”いつかの声が今僕の心を窮屈にしていく
ああだったんでしょ こうだったんでしょ
身勝手解釈 receiver
変わらなきゃ飽きましたって 変われば変わりましたよねって
一体なんだい?それなんだい?
矛と盾は無くならないようでして”

ライラックで歌わられるのは現代のようにインターネット、SNSなどの情報社会の中でがんじがらめにされた心の叫びのような内容。
今を自分らしく生きようとする人に対する周囲の声というのは応援であろうが誹謗中傷であろうが雑音になる時があります、過去の自分の思いや意見ですら。。。

そんな複雑な社会や思いを、ひと蹴りしたくなるようなこの一曲。

女の子は特に複雑で厄介なコミュニティの中で生きており、自分を見失いがち。
歌詞の内容にもあるように単純明快に生きてみたいと思っている女の子も多いはず。
そんな女の子と一緒にいるときはまず自分自身が思いっきり楽しんだり、夢中になって遊んであげてください。
そんなあなたを見て考えすぎるのもバカバカしく思えてくるかも!
さすがに女の子の複雑な心境や、コミュニティを理解するのは無理がありますが、自分と一緒にいるときは何も考えなくても良いいんだと思わせてあげましょう!

モテる男は女性の心の自由を作ることが出来ます。
ただそれは狙ってのものではなく、少年のように夢中になって遊んでいたり楽しんでいる姿を自然に見せることによって、気を使わなくても良い空気感を知らない間に作っているのです。

気になる女の子の前ではあまり飾らずに自分の楽しいと思うことそのまま表現して見ては如何でしょうか?


main actor

”少しだけ 少しだけ 少しだけ 少しだけ
1畳でも居場所が欲しかった
僕だけが 僕だけが 僕だけが 僕だけが
誰かの1番でありたっかた”

語りのような始まりでスタートするこの曲。
誰でも漫画の主人公に憧れ、大人になるにつれてそうではなかったと打ちのめされる経験をしたことが少なからずあるのではないでしょうか?

1番になれない自分をどう証明するのか、それは学校でも、会社でも友達の中でも存在する悩みですね。

モテる男性は自然にその女の子を特別扱いし、君が1番だという気持ちさせることが出来ます。

無条件の肯定をすることによって、そのままの君を受け入れるよという安心感と優越感を感じさせてあげられます。

気になる女の子がいたら恥ずかしがらずに特別扱いをしてみましょう!!



まとめ

いかがでしょうか?

今回は美波の楽曲をベースに女心について書かせていただきました。

女性に受けいれられるアーティストにはその理由が必ずあります。女性自身が気付かさせる事もありますが、やはり女性の心の奥底にある思いを伝える歌詞への共感があるからです。
あなたも美波の楽曲を聴いて女心を勉強してみてはどうでしょうか?